超初心者向け!ブロックチェーンの種類と課題

ブロックチェーン
海外医薬品なら三越屋へ

薄毛治療薬や海外からのみ入手可能な激安医薬品はどうですか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・薄毛治療が出来るポーションがフィンカ―


フィンカ―・ポーションで薄毛治療

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・フィナステリド配合のフィンカ―


プロペシアを知ってるか知らないかで人生変わる

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・育毛と脱毛防止(発毛)の違いはご存知ですか?


遺伝的な抜け毛ならフィンペシア

これ、常識です。
発毛するならフィナステリド配合のプロペシア
抜け毛防止ならばフィナステリド配合のフィンカ―5mg

最近のコメント

「Terra(LUNA)」の4500億円以上が12億円に、だからビットコインは危険だと言ったのに

仮想通貨の「Terra(LUNA)」の相場が99.99%暴落した上に、LUNAの関連団体・Luna Foundation Guard(LFG)が準備金として保有していたビットコインの使途が不透明と批判されていた問題を巡り、LFGが情報公開を行いました。これにより、約8万BTC(調達した当時のレートで約4520億円相当)あった準備金が、313BTC(約12億3000円)にまで減少していることが分かりました。LFGは、残ったわずかな資産を投資家への補償に用いるとしていますが、焼け石に水との見方が広がっています。
2022年5月10日ごろ、時価総額ランキングトップ10圏内に位置していた仮想通貨のTerra(LUNA)と、LUNAのエコシステムを構成していたステーブルコインのTerraUSD(UST)が暴落しました。この事態に対応するため、LUNAの支援を目的に設立された非営利団体のLuna Foundation Guard(LFG)は、準備金として用意していたビットコインを活用することを発表していましたが、送金先や具体的な使途などの説明が十分でなかったことなどから、批判の声が上がっていました。

99.99%下落した「Terra(LUNA)」のビットコイン積立金が行方不明に、創設者の自宅には不審人物が出没

これを受けて、LFGはTwitterに一連のツイートを投稿し、準備金の額や用途に関する情報を開示しました。それによると、LFGは5月7日の時点で、35億ドル(約4500億円)相当の8万394BTCを保有していたとのこと。
そして、USTのドルとのペッグが崩れ始めた8日から、約5万BTCをカウンターパーティー(取引先機関)に送金しました。これについてLFGは、「大口かつ短期の取引を行えるようにするため」と説明しています。
USTがなおも下落を続ける中、LFGは「ペッグを守るための最後の試み」として、残った約3万3000BTCで直接USTを買い付けます。しかし、仮想通貨の下落に歯止めはかかりませんでした。
こうした対応の結果、LFGの手元に残ったビットコインは、わずか313BTCのみとなりました。LFGはほかにも複数の仮想通貨を保有していますが、その大半は価値が暴落したLUNAとUSTなので、それらを除く残額の合計は約8000万ドル(約103億円)程度とのこと。小さな額ではありませんが、4月時点で時価総額が400億ドル(約5兆1000億円)以上あったLUNAの崩壊に比べると微々たるものです。
LFGは、残った資金をUSTユーザーへの補償に充てるとしており、具体的な分配方法を検討中とのことです。
1:名無しさん@乙2020.10.13(Tue)

超初心者向け!ブロックチェーンの種類と課題って動画が話題らしいぞ

2:名無しさん@乙2020.10.13(Tue)

これです!

3:名無しさん@乙2020.10.13(Tue)

ブロックチェーンで超初心者向け!ブロックチェーンの種類と課題出てくると思わなかったわ

4:名無しさん@乙2020.10.13(Tue)

低評価0wwwww

5:名無しさん@乙2020.10.13(Tue)

This is description

第一回目&二回目の講義では、それぞれ「ブロックチェーンの基本的な仕組み」と「ブロックチェーンでできること」について解説しました。最終回の講義では「ブロックチェーンの種類と、技術上の課題と解決策」についてお話します。万能のように見えるブロックチェーン技術ですが、まだ多くの課題も残っているのが事実。しかしその解決策を知ることで、ビジネスにどのように技術を活かせるのかをより深く理解することができるはずです。

基礎編の最終回になります! ぜひ最後まで受講して、ブロックチェーンの基本となる全体像をつかみましょう!

目次
00:00 スタート
8:29 Dappsとは
9:30 Dappsの特性
10:13 ブロックチェーンの種類
19:42 パブリック イーサリアムの説明
26:18 コンソーシアム 3大コンソーシアムブロックチェーン
28:57 ステーブルコインとは
31:20 CDBCとは
33:11 ブロックチェーン技術の課題と解決策
38:11 今日のまとめ
43:44 質疑応答

第1回目の講義「超初心者向け!ブロックチェーンの基本の仕組みを学ぼう」

三越屋atch?v=rdELKoYY4iE
第2回目の講義「超初心者向け!ブロックチェーンでできること」
https://mitsukoshiya.com/三越屋atch?v=xE7qBd0vmOY&t=3124s

第4回目:10月22日(木)17:00〜18:00:ブロックチェーンの活用事例を学ぼう(1)
申込はこちら↓
http://ptix.at/Cwxhhw
第5回:11月12日(木)17:00〜18:00:ブロックチェーンの活用事例を学ぼう(2)
申込はこちら↓
http://ptix.at/xyVfd2

<実践編>
第4回:10月22日(木)17:00〜18:00:ブロックチェーンの活用事例を学ぼう(1)
第5回:11月12日(木)17:00〜18:00:ブロックチェーンの活用事例を学ぼう(2)
第6回:12月3日(木)17:00〜18:00:ブロックチェーン活用スキーム|ワークショップ

<こんな方におすすめ>
ブロックチェーンという言葉だけ聞いたことがある人
ブロックチェーン技術を使ったビジネスに興味がある人
自分の会社や事業に、新しい仕組みを導入したいと考えている人
ブロックチェーン=暗号資産? というイメージがある人

#ブロックチェーン

6:名無しさん@乙2020.10.13(Tue)

>>5 おつおつ

7:名無しさん@乙2020.10.13(Tue)

>>5 おつかれ。いつもありがと

8:名無しさん@乙2020.10.13(Tue)

>>5 ありがとう

powered by mitsukoshiya

ブロックチェーンはなぜ必要なのか。詳しく事例を踏まえて解説

AIやVR等の最先端のテクノロジーとして位置づけられるブロックチェーンは、技術の普及に伴い本当にブロックチェーンが必要なのかと疑問視される事も増えてきました。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは?

まずブロックチェーンについて触れる前に最低限知っておけば恥ずかしくないブロックチェーンの基礎を説明致します。
強引な説明としてブロックチェーンは「価値のネットワーク」と位置付けて良いかもしれません。

例えばインターネットの普及で距離や時間を気にせずに人とつながる事で「人やモノ」の繋がりが容易になりました。
手紙や電話の簡略化する手段、情報を取得する手段、等々。

代金の支払い等、セキュアな通信が必要な状況でもインターネットが使われていますが、ネットワークだけでなく、サーバや様々な技術が安全性を確保に必要でした。

ネット上には情報が氾濫しており、その中から正確な「価値」のある情報を得るのは容易ではないのも問題です。

そして、このブロックチェーンを活用する事で「人やモノ」に追加して「価値」をも繋げようとしています。

その情報等を「価値」あるモノとして活用できる技術となります。
情報の管理は誰(国家を含)かが管理する必要がある。

現在の仕組みにおいては「管理者」等の情報やシステムを管理するモノが必須となっています。

当然の事ながらネットから情報を取得する場合においてもインターネット以外にも情報を閲覧する端末、そして、その発信される情報を管理する「サーバやサーバ管理者」等も存在します。

車を購入するにしても、ディーラーで代金を支払うだけでなく、自動車の名義登録、定期的に車検を通す必要があるなど間接的な管理者も存在します。

ブロックチェーンはどのように必要なのか?

このように、社会の中では管理者が存在しております。
その管理にはコストも発生し、何らかの弊害も発生する事もあります。

ですが、もし管理者が存在しない仕組みが成立してしまったら、社会はどう変わっていくのでしょうか。

このような「管理者が不在でも仕組みを回せる」のがブロックチェーンです。

国際送金が銀行不在で可能なブロックチェーン

インターネットが普及したことで海外の商品も容易に入手しやすくなりましたが、それでも直接に海外の販売店に代金を支払いに行く事は無いでしょう。
やはり、カード会社や銀行決済、電子決済システム等を利用し取引を行う事になります。

送金する側、受け取る側のそれぞれに銀行口座が必要になり、手数料等も発生します。
また、ドル決済などでは為替手数料なども支払総額代金に影響します。

日本にいるとメリットの享受を感じにくいかもしれません。
発展途上国では海外で働き、家族にお金を送金する事が多く、手数料がかなり大きな金額となっています。
商品購入でも為替や銀行等の手数料が大きく海外向けの商材は販売しにくかったでしょうが、今後は通貨もボーダレス化になるのではないでしょうか。

プライバシーを保護するブロックチェーン

インターネットをしていると個人情報の漏洩が危惧する事でもあります。
SNS情報から良くも悪くも様々な情報が抜き取られています。
Facebook,Google,Youtube、等々。
・位置情報
・利用履歴
・友人・知人との繋がり
・メッセージ内容
・検索結果
・利用頻度
etc…

ユーザが便利さを享受する代わりに、企業は個人情報をビジネスに活用しています。

ブロックチェーンによれば、管理者が不在(個人情報を企業が持たない)となります。
様々な仕組みが管理者不在で成立すれば、どれだけ安心なのでしょうか。

ブロックチェーンは分管理システム

中央集権・ブロックチェーンシステム

もう少し具体的にブロックチェーンの技術を説明します。
1.一般的な「仕組み」は情報をサーバ等の中央で管理します。

中央集権管理システム

2.ブロックチェーンは各ユーザがそれぞれシステム運営に必要なデータを管理しています。

分散管理システム

ブロックチェーンは、全てのノードの合意を得た正しい取引記録を、全てのユーザ(ノード)にコピーして保持します。
中央主権管理システムのように「一つのサーバー」で全情報管理は、サーバーに対する攻撃によって全ての取引データが破損するリスクを抱えていました。

ですが、ブロックチェーンでは、仮にいくつかのユーザ(ノード)が持っている情報が破壊されたり、改善されても、、他のノードに正しい記録がバックアップされています。

ネットワークを構成する全てのノードを破壊しない限りデータが失われることはありません。

ブロックチェーンの最後に

ブロックチェーンを成立させる仕組みは「秘密鍵による暗号化」や「マイニング」「ハッシュ値」等々、様々な技術が使われています。
これまで中央集権的に行われていたデータ管理のあり方に大きな変革をもたらしました。
一般的にブロックチェーン≒仮想通貨という認識をもたれていますが、世の中では金融以外の領域での活用についても数多く議論されています。

様々なサービスの管理者の置き換えでブロックチェーンが実用的に利用されていけば良いですね。

 

 

 

弊社は仮想通貨を推奨しております。

薄毛治療薬や海外からのみ入手可能な激安医薬品はどうですか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・薄毛治療が出来るポーションがフィンカ―


フィンカ―・ポーションで薄毛治療

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・フィナステリド配合のフィンカ―


フィンカ―はコストも4分の1

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・育毛と脱毛防止(発毛)の違いはご存知ですか?


発毛ならプロペシアのフィナステリド配合

これ、常識です。
発毛するならフィナステリド配合のプロペシア
抜け毛防止ならばフィナステリド配合のフィンカ―5mg

ブロックチェーン
ブロックチェーンから始める

コメント

タイトルとURLをコピーしました